効果的な広告運用のためのアナリティクスリマーケティング活用

Google広告

Google広告運用においてユーザーデータを有効活用し効果を最大化することが重要ですが、Google広告上で取得できるデータ以外に、Googleアナリティクスでのサイト内で確認できるユーザー動向のデータも広告に活用することができれば大変効果的です。

今回はそんなGoogle広告で有効なGoogleアナリティクスリマーケティングの活用について分かりやすく解説していきます。

[本記事はこんな悩みのある方にオススメです!]
・Googleアナリティクスリマーケティングって何?
Googleアナリティクスリマーケティング活用方法は?
・Googleアナリティクスでのオーディエンスリストの作り方を知りたい!

https://migiude-blog.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_27751-460x460.jpg
SHINOMOTO

Googleアナリティクスリマーケティングを覚えることでGoogle広告運用の幅が広がり効果的な運用にも繋がりますので是非参考にしてみてください!

Googleアナリティクスリマーケティングとは?

Googleアナリティクスリマーケティングとは、Google広告の配信先ターゲットでGoogleアナリティクスから取得できるデータを活用して行うリマーゲティング(リターゲティング)手法のことを言います。

Google広告ではリターゲティングタグを介して広告遷移先サイトの指定ページに関するオーディエンスリストに広告配信することは可能ですが、サイト内でのユーザー動向に関する情報(セッション回数やページ滞在時間)でターゲティングすることができません。

ユーザーのサイト内での動きを把握することは広告成果(CV)を獲得するために重要な要素となるため、成果に繋がる傾向のある動向をとっているユーザーに対して広告配信することができれば、より効果的に広告運用ができるようになります。

GoogleアナリティクスリマーケティングはGoogle広告上ではわからない成果見込みの高いユーザーデータをGoogleアナリティクスから取り入れ広告配信できるため、広告効果向上に大変役立ちます

Googleアナリティクスリターゲティングの特徴

Googleアナリティクスリマーケティングの特徴として、Googleアナリティクスで取得することができる様々なユーザー動向のデータを有効活用することが挙げられます。

Googleアナリティクスで取得したデータをターゲティングできる項目として主に下記のようなものがあります。

ターゲティングカテゴリターゲット
スマートリスト過去のコンバージョンデータに基づいて、次回以降のセッションでコンバージョンに至る可能性が高いユーザーをリスト化できる
ユーザー属性年齢・性別・地域などのデモグラフィックデータ、新規・リピーターなどユーザー属性をリスト化できる。
テクノロジーIOSやブラウザ、デバイスごとにリスト化できる
行動セッション回数やセッション時間、セッションの間隔(日数)、ユーザーごとのトランザクション数などを絞ってリスト化できる
トラフィック参照元、メディア、有料・自然含めたユーザーが検索したキーワードを特定してリスト化できる
最初のセッションの日付最初にセッションした日の範囲をコホートしてリスト化できる
トランザクションを
完了したユーザー
セッション・ヒットごとのトランザクション数や購入金額で絞り込んでリスト化できる

上記のようにアナリティクスで取得できる項目ごとでターゲティングすることができます。

また上記項目を組み合わせたユーザー群の作成や、逆に除外したいリストを作成することも可能なため、様々なケースごとで広告効果に繋がるオーディエンスリストを考えることがポイントです。

Googleアナリティクスリマーケティングを行う方法

Googleアナリティクスリマーケティングを行うための手順として、まずはGoogle広告とGoogleアナリティクスを連携する必要があります。

ここではその連携方法について画像を交えて解説していきます。

【Google広告とGoogleアナリティクス連携の条件】
Google広告とGoogleアナリティクスを連携するためには以下の条件を満たしている必要があります。
①Googleアナリティクスのプロパティ以上の編集権限
②連携するGoogle広告の管理権限
上記2点の条件を満たしていない場合連携設定を行うことができませんのでご注意ください。

Googleアナリティクスからの設定

GoogleアナリティクスとGoogle広告連携画面1

まずはGoogleアナリティクス左した歯車アイコン(管理)をクリックして、プロパティ欄にある「Google広告とのリンク」をクリックします。

GoogleアナリティクスとGoogle広告連携画面2

次の画面で表示されるリンクグループの設定画面で自身が管理権限を持つGoogle広告アカウントの中から連携したい広告アカウントにチェックを入れて「続行」をクリックします。

GoogleアナリティクスとGoogle広告連携画面3

次のリンクの設定画面ではリンクグループ名を入力し、ビューの「すべてのウェブサイトのデータ」をオンに切り替え、詳細設定の赤枠にチェックが入っていることを確認したら「アカウントをリンク」をクリックすればGoogleアナリティクスでの設定は完了です。

Google広告からの設定

GoogleアナリティクスとGoogle広告連携画面4

まずはGoogle広告管理画面右上にある「設定と請求」内のリンクアカウントをクリックします。

GoogleアナリティクスとGoogle広告連携画面5

次のリンクアカウント画面でGoogleアナリティクスの「詳細」をクリックします。

GoogleアナリティクスとGoogle広告連携画面6

次に表示されるアナリティクスアカウント一覧画面で連携したいGoogleアナリティクスの「リンク」をクリックします。

GoogleアナリティクスとGoogle広告連携画面7

すると上記ポップアップが表示されますので、「リンク」と「import site metrics」をオンに切り替えて保存すればGoogle広告からの連携設定は完了です。

上記どちらからの連携設定でも設定完了後、Google 広告とのリンクでデータが反映されるようになるまで24 時間ほどかかる場合がありますので覚えておきましょう。

Googleアナリティクスのターゲットリスト例

Google広告とGoogleアナリティクスの連携が完了したら、次はGoogle広告のリターゲティングに使用するオーディエンスリストを作成しましょう。

Googleアナリティクスでのオーディエンスリストで効果的なターゲティングとしては下記のようなものが挙げられます。

効果的なターゲティング例

①セッション数でのセグメント

アナリティクスリマーケティングリスト設定画面1

サイトに訪問するユーザーでコンバージョンに繋がりやすい傾向の1つとして、複数回セッションするといった行動があります。

サイトの新規ユーザーかリピーターによる分別でのターゲティングも可能ですが、行動カテゴリでのセッション頻度を使用して「セッション回数が3回以上」といった多くのセッションをしているユーザーをターゲティングするのも効果に繋がる可能性があります。

②セッション時間でのセグメント

アナリティクスリマーケティングリスト設定画面2

セッション時間についても1分のユーザーよりも5分のユーザーの方がサイト内のコンバージョンに繋がる可能性が高くなる傾向があるため、セッション時間でターゲティングする方法もおすすめです。

例えば行動カテゴリのセッション時間項目で「300秒(秒数で入力する必要があるため)以上滞在している」ユーザーのみをセグメントすることが可能です。

③特定のページ離脱でのセグメント

アナリティクスリマーケティングリスト設定画面3

例えばECサイトの購入目的で広告運用している場合は、入力確認ページやカート詳細ページなどで離脱しているユーザーをセグメントすることで、購入に近い顕在層のみに広告配信することも可能です。

またコンバージョンに至ったユーザーを除く場合、コンバージョンページに到達したユーザーを除外設定して未購入ユーザーのみに配信するといったセグメントの組み合わせを行うこともできます。

④トランザクションカテゴリでのセグメント

アナリティクスリマーケティングリスト設定画面4

アナリティクスデータの有効活用としてトランザクションを用いる方法も検討の1つです。

例えばとトランザクションカテゴリの「トランザクション数」の購入回数や「収益」の購入金額などを指定して多く商品を購入してくれている方へ新商品のアプローチや購入促進の発信などを行うことでの売上促進に役立てることもできます。

Googleアナリティクスターゲットリスト作成方法

それではGoogleアナリティクスデータをもとにしたオーディエンスリストの作成方法を解説します。

今回は「セッション回数3回以上」「セッション時間3分以上」を食い合わせたターゲティングリストを作成例として紹介します。

アナリティクスリマーケティングリスト設定画面5

始めにGoogleアナリティクス左下歯車(管理)アイコンをクリックし、プロパティ欄の「ユーザー定義」⇀「オーディエンス」を選択します。

アナリティクスリマーケティングリスト設定画面6

次に上記赤枠の「新しいオーディエンスリスト」をクリックします。

アナリティクスリマーケティングリスト設定画面7

次に「セッション回数」カテゴリ欄に3と入力し記号を≧に変更、「セッション時間」カテゴリ欄に180(秒)と入力し「適用」をクリックします。

アナリティクスリマーケティングリスト設定画面8

次の画面で有効期限を入力して「次のステップ」をクリックすればターゲットリストの作成が完了です。

このターゲットリストの確認は、Google広告管理画面右上の「ツール」➡「オーディエンスマネージャー」➡「オーディエンスリスト」の一覧で表示されます。

まとめ

Google広告とGoogleアナリティクスはともに成果に欠かせない情報を保有しているので、双方の情報を上手に組み合わせながら広告運用を行うことでより効果的なアプローチが可能です。

広告効果が伸び悩んだ際は是非一度試してみてくださいね。

DMM MARKETING CAMP
SHINOMOTOSHINOMOTO

SHINOMOTO

大阪市在住のマーケティングプランナー。 約15年間、広告業界企業(代理店・マーケティング会社)で法人企業100以上のブランディング・集客支援した経験とノウハウを活かし、現在フリーランスで活動中。

関連記事

特集記事

SHINOMOTOSHINOMOTO

SHINOMOTO

MIGIUDE BLOG運営代表 大阪市在住のマーケティングプランナー。 約15年間、広告業界企業(代理店・マーケティング会社)で法人企業100以上のブランディング・集客支援した経験とノウハウを活かし、現在フリーランスで活動しながら「MIGIUDE BLOG」で役立つ情報を配信中。

DMM MARKETING CAMP

最近の記事

  1. 【イチから始める!】4ステップで出来るGoogleタグマネージャー設定

  2. 【初めてでも安心】GTMを活用したFacebookピクセル設定方法

  3. 今がチャンス!無料相談ありマーケティングスクールおすすめ5選

ランキング

  1. 1

    今がチャンス!無料相談ありマーケティングスクールおすすめ5選

  2. 2

    【イチから丁寧に解説】Googleリスティング広告の始め方5ステップ

  3. 3

    【営業職向け】マーケターに転身するための必要スキル4つと独自勉強法

  4. 4

    仕事がうまくいかない!と思ったら読む【好転の心得8つ】

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 【イチから始める!】4ステップで出来るGoogleタグマネージャー設定

  2. 今がチャンス!無料相談ありマーケティングスクールおすすめ5選

  3. これで解決!GTMを活用したYahoo!広告コンバージョン計測設定

  1. 【初めてでも安心】GTMを活用したFacebookピクセル設定方法

  2. ムダなく効率化!広告運用で使える無料便利ツール14選

  3. 効果的な広告運用につなげる!Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法

  1. 今がチャンス!無料相談ありマーケティングスクールおすすめ5選

  2. 効果的な広告運用のためのアナリティクスリマーケティング活用

  3. 【顧客ベースで考える】4C分析とは?4P分析/3C分析との違い

TOP